1週間で美肌になるコスパフォーマンスコスメ比較.com

【水添ポリオレフィン(C6-12)】効果・効能について

shutterstock_429696127【水添ポリオレフィン(C6-12)】効果・効能について

水添ポリオレフィン(C6-12)は主に乳液や化粧水などの基礎化粧品に配合される合成ポリマーのひとつです。
ポリマーとは”高分子”を意味し、分子組成が安定させることを目的に化粧品の使用感を向上させたり配合ムラをなくすために使用するもので、多くのポリマー化合物は100個以上の分子結合構造を持っていると分析されています。
水添ポリオレフィン(C6-12)は保湿性に優れスクワランに似た感触があることから、スクワランの代用成分として最近の低刺激を謳う化粧品でよく使用されるようになっています。
化粧品の品質が劣化するのは酸化反応が主な原因なので、”水添”、つまり水素化合させることで水素が酸素を無害な水分子にしてくれ、防腐剤なしで品質の劣化を抑える効能があります。
さらに水素結合により融点が高くなるために常温で保存することの多い化粧品の基剤の質感の安定にも役立ちます。
人体に対して安全性の高い成分ですがまれに肌ストレスを引き起こすケースもあるので、使用している際に発疹や赤みといった肌トラブルが発声した時にはただちに使用をやめて皮膚科に相談しましょう。

■保湿やコンディショニング
スクワランに似た感触で、保湿やコンディショニングの効果が期待できます。

BGは効果・効能について

①成分説明
BGとは、化粧品に含まれることの多い保湿剤の一つで、「ブチレングリコール」の略称です。この成分は、アセトアルデヒドという化学物質から合成されます。つまり、自然発生したものではなく、化学的に作られた物質です。

化粧品の防腐・殺菌の効果が高いことに加え、ビタミンC誘導体の酸化を防ぐ働きがあります。また、無色・無臭、さっぱりとした使い心地で、肌に対する刺激も少ないため、敏感肌の人に向けた化粧品に使用されることが多いです。

②成分分析・この成分の一般的な用途
保湿剤、溶剤、粘度低下剤

③特長・お肌への働き
肌への刺激が少なく、保湿効果があります。保湿の効能に加えて、殺菌効果も高く、防腐剤としても非常に優秀であると分析できます。

■保湿力
肌が弱い人のために開発されたため、安全性の評価が高いです。低刺激で、さらっとしたテクスチャーで使用できます。

■抗菌・化粧品の防腐効果
保湿性だけでなく、抗菌性も併せ持っているので、防腐剤としても活用されています。

■ビタミンCの酸化防止
ブチレングリコールを配合することで、ビタミンCが酸化することを防ぎ、化粧品の変色も防ぐことができます。

■エキス抽出時の乾燥緩和
エキスを抽出する際に乾燥を誘発することがありますが、保湿効果があるので、乾燥を緩和することができます。

■香りを保つ
香り成分を保護する効果もあるので、香りを長持ちさせることができます。

④成分効果(箇条書き)
保湿/低刺激/抗菌/防腐/ビタミンCの酸化防止/乾燥緩和/香りを保つ

保湿/コンディショニング/低刺激

ハーバルラビットを使って綺麗な女性を目指しませんか?

Copyright(c) 2016 1週間で美肌になるコスパフォーマンスコスメ比較.com All Rights Reserved.